がん発症の元除染作業員(57)が東電提訴でPTSD予防

東京電力

福島第一原発事故に伴う

がれきの撤去作業をした後

がんを発症したのは

作業中の放射線被曝が原因だなどとして

札幌市の元作業員の男性(57)が

東京電力や元請けの大成建設などを相手取り

計約6500万円の

損害賠償を求める訴えを

札幌地裁に起こしました。

11年に約4カ月間、撤去作業に従事

12年6月にぼうこうがん

13年3月に胃がん、5月に結腸がんを

発症したそうですが

AS20140727000303_comm-300x2091-300x2091-300x209

PTSD予防も大事です。

寝屋川中1男女殺害事件の容疑者も

フクシマに行き

子どものころからのPTSDを

悪化させました。

専門家は

こころのケア(PTSD)をやりすぎないようにと言いますが

実際は不徹底なのが

明らかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です