オウム真理教坂本弁護士殺害から20年ピュアな精神を忘れたPTSD否認の臨床心理学

オウム真理教幹部に殺害された

坂本堤弁護士=当時(33)一家3人の

遺体発見から20年だそうです。

坂本さんは

司法修習生だったときに

自閉症の青年と交流する中で

理不尽な暴力を受けた経験を打ち明けられ

自分は弁護士として

「声なき彼らのような人々」の心を

くみ取る仕事をしようという決意をしたそうです。

(作文「一年生」)

同僚だった弁護士たちも

それぞれの20年に思いをはせ

「最近でもいじめや児童虐待など

子どもに降りかかるいろいろな問題がある。

この20年で

子どもたちが幸せと言える社会にできただろうか」

「(坂本さんは)

弁護士として

ピュアな気持ちを持ったまま命を奪われた」と

語っています。

実務の前に

当初の理想は打ちのめされ

現実に負け

損得や駆け引きを覚え

案件のこなし方を学んでしまうことが多いわけですが

心理学の学者たちには

それが顕著です。

傾聴が心理療法の基本なのに

20131105G239-211x3003-211x300-211x3001-211x3003-211x3001-211x3001

なんでも発達障害に見立てたり

(象徴も見えず)

 

t02200162_0800058812314714289

自宅警備員・思春期心性と揶揄したり

ふざけるにもほどがあります。

京大ポポロ事件も起きるというものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です