大勢の臨床心理士たちが今更「発達障害誤診(PTSD)の子どもたちがいました」と学会発表

 日本箱庭療法学会の

大会プログラムが

送られてきました。

34の発表があるのですが

2つがこれでした。

スキャン_20150908 (2)スキャン_20150908

今更ですが

発達障害と診断されていたけど

違っていたこどもたちが

いたそうです。

こんなのみんな知ってますよね。

しかも

箱庭療法学会なのに

プレイセラピー

まあ親戚みたいなものですから

イメージ療法ということで

構いませんが

13人で(重複して2つ)発表するなら

(1発表だけ2名ですが

他の発表者は一人で発表します)

箱庭のケースもありそうなものです。

20131105G239-211x3003-211x3001-211x3001-211x3001-211x3002-211x3001-211x3001-211x3001-211x3001

リーダーは

この先生方でしょうね。

薬漬けからの断薬の話が

出てこないのが

とても不自然です。

現場を知っている人からは

バレバレでしょう。

虐待やいじめの原因も

すぐに語られるわけで

(ネットストーカーみたいな

スクールカウンセラーには言わないと思うけど)

AS20140727000303_comm-300x2091-300x2091-300x2091-300x2092-300x2091-300x2091

PTSDでしたと書かないところも

不誠実ですね。

「象徴」が使えない

発達障害が増えているとの主張が

愚説であったとも

自ら認めていただきたいです。

私は

「愚説」「目に余る」と

抄録にしっかり書きましたし

発表現場で

指定討論者と議論しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です