公認心理師法成立と元少年A(PTSD未治療)サイト立ち上げ『絶歌』喧伝

平成9年に

神戸市須磨区で発生した

連続児童殺傷事件の加害者の元少年は

「いろいろ思うところがあり

急遽

ホームページを開設しました」

「今後はこのホームページを基盤に

情報発信をしていく所存です」とのことで

『存在の耐えられない透明さ』という

サイトを立ち上げ

6月に太田出版(東京)から出版された

手記についても

「少年Aについて知りたければ

この一冊を読めば事足りる」などと記しているそうです。

時間が経てば

わかることもあります。

51Yz8HPaUnL._SX303_BO1204203200_-183x3001-183x3001-183x3001-183x3001

クリックすると新しいウィンドウで開きます

こんな喧伝がなされていましたが

本当だったのか

これでよかったのか

素朴な疑問が湧くでしょうし

20131105G239-211x3003-211x3001-211x3001-211x3001-211x3002-211x3001-211x3001-211x3001-211x3001-211x3002-211x3001-211x3001-211x3001-211x3001

f9c883fbf441de2b29190ce4acef64192-300x871-300x871-300x871-300x871-300x871-300x871-300x871

 

92307f43021d51aecaff0367c2e924b91-300x791-300x791-300x791-300x791-300x791-300x791-300x791

今頃

こんな冗談みたいなことを

堂々と言われても戸惑うでしょう。

公認心理師が国家資格になることは決まるし

(保身にしか興味がない)

クリックすると新しいウィンドウで開きます

(専門家と言っても

PTSDに弱いと指摘されている)

もうわけがわからなくなったのでしょう。

気持はよくわかります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です