「寺が経営する貧困ビジネス」施設から逃げ出した男性PTSD予防中

 

さいたま市は

宗教法人

善弘寺分院宗永寺が運営する

無届け施設について

新たな利用者を制限する

行政処分を行いました。

 

支援者に助けを求める入居者もいて

 

別の施設から逃げ出した男性(56)は

埼玉新聞の取材に

「入居者は弱みに付け込まれ

囲い込まれている」と

実態を語りました。

 

JR新宿駅近くの公園で

職員から

「暖かい部屋、毎日の食事がありますよ」と

声を掛けられ入居すると

ベニヤ板で仕切られた

3畳ほどの空間が与えられる代わりに

月々の生活保護費約12万9千円は

支給日に施設に「没収」されてしまう

システムだったそうです。

(平均して6千円~9千円が手渡されるほかに

一日に千円が返される)

 

「昼飯を買い

一日中部屋でテレビを見る生活で

気が変になってしまう。

だんだん、考える力がなくなり

現状から抜け出すことを諦めてしまう人も多かった」と

振り返ります。

 

nemureteru

ここから

そんな生活に入る人もいますね。

 

マネをしたのでしょう。

 

葬式仏教とか揶揄されていますが

こういう寺まで

出てきたとは

世も末です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です