ネット人権侵害と多重人格(PTSD) ~idthatid人格とスクールカウンセラー

ネット人権侵害を被害者の立場から語るyoshi3ブログさんも

「ネット社会では

匿名性や年齢不詳や性別不詳により

いくつものキャラクターを演じきりながら

ネットの匿名性利便性を悪用するものが多々います」

「そういう行為を行うものたちに

共通していえることは

この程度では追及されない・できるはずがないという

行為を行うものにとっては都合のいい

安易で、他人の痛みを軽く考えすぎる

犯人像があります。

それが度をすぎると

ネット社会での自分と

現実社会での自分が完全に違う人格になっていることすら

気づいていないものや

さらには精神状態そのものが

多重人格などの精神障害に陥っているものもいるくらいなのです」

「 現実世界の姿とあまりにかけ離れた姿のものや

見るからに精神的異常者や社会不適合者がいるのが

ネット社会の現実です」と

書かれています。

51TUe07h2BkL._SX307_BO1204203200_

表面的にはいろいろに見えますが

 

sakai-300x2101-300x2101-300x2101-300x2101

 

根本はいつも

解離性同一性障害=多重人格=PTSDなのです。

 

20160129-00000003-spnannex-000-view

20160113-00010004-agora-000-view

8aac2086c95fba19fefa6092fbd4b45c

 

 

スクリーンショット (593)

 

 

(とおい=キツネ=idthatid=現役スクールカウンセラー)

 

現実での知り合いは驚愕しているでしょうから

PTSD予防(こころのケア)が必要かも。

 

3 thoughts on “ネット人権侵害と多重人格(PTSD) ~idthatid人格とスクールカウンセラー

  1. あ*=franoma

    他者を[魔境]に引き摺り込む[専門家]←the instancy of [T4]peril ということで、こちらにコメントを書きます。
    
    『幸運な人は空気を読まない♥』
    | 幸川玲巳オフィシャルブログ「愛と豊かさの伝道師」Powered by Ameba
    それ以来、わたしも
    どなたさまかをもてなしたり
    講座をするときは
    お客様が好きそうで
    利便性のよい場所よりも
    わたし自身が
    心地よくいられる場所を
    選ぶようになりました。
    https://ameblo.jp/reimiyukikawa/entry-12607573815.html
    という記事が出ました。
    《眼差し》を向ける相手が「好きそうで利便性がよい」ようにすることをセルフネグレクトの強要を受容することなく追求するのは[忖度]です。決して悪いことではなく、[おもてなし]や[プレゼンテーション]のセンスが当人の社会的ステータス上昇に活かされることでしょう。[忖度]できる人は[大丈夫]なのです。マズいのは、[Fawn反応]です。

    kyupin 医師や神田橋医師がロンドンに[忖度]なさるとき《眼差し》はロンドンに向いているので「ロンドンにヒラメ」しておいでになる…と言えますよね。そうした医師と来談者が全員、揃って「ロンドンにヒラメ」すると、そこには波風が立たず、ただラベリング攻撃&制圧された “willing victim” 役が人権蹂躙をヤられるだけです。その際、悪気のない “perpetrator” 役は、例えば慈恵医科大学ご出身の吉田友子女史のようになるでしょう。女史の書籍には、「火葬場」で人体が燃える温度に興味を持つ子どもに対して、普通に[家庭教育]を行わず[人間関係]を破壊し、発達を[障害]させる暴挙(←violence & neglect) を[否認](← “《なかったことにする》ストラテジー”)で済ませるので、[発達クリニック]=[PTSD否認]クリニックのスタッフとして重宝されます。医師免許がある専門家ゆえ(Yさんご夫妻を《アスペ》ラベリングで破滅させた内山登紀夫)院長の下で勤務医をなさっています。本怖ですね。

    吉田友子
    https://www.ypdc.net/クリニックの紹介/スタッフ紹介/

    世界的に、[黄色いサル]差別(← いわゆる yellow peril )が残存するなかで西洋白人ヒエラルキー強化に加担し名誉白人になりたい「専門家」が[アベ政治]状況をエンジョイし続ける流れです。
    [アベ政治]は、[PTSDの視座]を外さず現象学的に観察すると、
    ①新自由主義
    ②核問題PTSD否認=環境レイシズムの徹底
    ③利益相反行為の看過
    3つで構成されています。これをよく研究すれば “political science” の論文が書けるハズですから、《アベ友》疑惑を払拭するため、三浦瑠璃 lully さんにお奨めしたいところです。

    名誉白人になりたい「専門家」が[アベ政治]状況をエンジョイし続ける流れのなか、差し迫った危険(← the instancy of [T4]peril )は、公認心理師はじめ[PTSD否認]専門家なので、面会を強要されたら国外逃亡しかないでしょう。

    関連してコメント:
    食の安全を脅かす《新自由主義》
    「“自由” 貿易」とは、今や
    「自分が食べないような危ない(または安全性が確認されていない)物でも日本人には食べさせて構わない」
    ということですから、要するに、
    《新自由主義》推進に他ならない訳です。伊藤絵美さまは、何故、我々日本人理系人に恨みでもあるかのような異様な動きをするのだろう?…と気になり、経歴を調べてみたら、慶應義塾の文学部から社会学研究科へ進学なさり「T4」DSM精神科医の総本山と協力関係にあることが先ほど確認できました。我々日本人理系人に恨みでもあるかのような異様な動きは、風土を守ろうとする《宇沢経済学》ファンの子どもを《アスペ》ラベリング攻撃などで潰そうとする《解離》言動(←“解離はトラウマの影”)である模様です。

    講演会が盛会でありますように。
    Отправлено с iPhone
    2019/12/07(09:12)

    を書きました。

    『鈴木宣弘先生12/7ご講演「“自由”貿易はこんなに食の安全を脅かす」資料掲載!!』 – 水を感じる
    https://omatisiteimasu.blog.fc2.com/?pc

    Отправлено с iPhone

    『生物の寿命はDNAに書き込まれている。それによると人間の寿命は38年』
    https://kunota506.com/?p=26655

    あ*=franoma より:
    2020年1月10日 1:13 午前
    ユングのいう「人生の午前」が40歳くらいまでですから、記事でご紹介のDNA寿命とは、その生物が適応すなわち “struggle for existence” で頑張れるタイムスケールを示しているのかも知れませんね。宜しければ
    “人生の午後” site:.ptsd.red
    でネット検索なさってみてください。

    いつも記事をありがとうございます。
    どうも、お邪魔しました。
    Отправлено с iPhone

    iPhoneから送信

    “struggle for existence” で[もがく]のが下手になった人には、[景]が[魔境]になるのではないでしょうか?

    “人生の午後” 魔境 site:.ptsd.red
    – Google 検索
    https://bit.ly/31G6ID1

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      [忖度]できることとFawn反応させられることは大違いですよね( ..)φメモメモ
      どなたかの「お❤も❤て❤な❤し」もちょっとヘンでしたので、アンダーコントロールできないものがあると学べてよかったです。

      返信
      1. あ*=franoma

        そこですね、
        ①[忖度]は、《観察主体》を手放さず、自発的にする《主体性のある行為》である一方、
        ②[Fawn反応]は、《作為体験》の一種でしかなく、「させられる」ものです。
        [Fawn反応]を[忖度]と詐称する状態では、PTSD予防&克服への道に踏み出すことは出来ませんね。
        合掌=ナマステ

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です