『かぐや姫の物語 』中国かぶれの帝が表現するPTSD 原理

b9umqqacmaapc8w

 

帝の背後には

漢詩の書などがあり

中国かぶれしたイメージで

表現されています。

 

現在は

アメリカ文化を真似がちな

日本人ですが

 

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-43dff%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81vjk

(その風刺は確かにオカシイ)

 

世界の中心は

長らく

のちに中華人民共和国と名乗るようになる

中国でした。

 

現在は

無意識のなかで

充分消化され

象徴として取り込まれているのでよいのですが

 

新興のユング心理学かぶれだと

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2640

 

純日本家屋が

典型的な西洋建築に

嵌め殺されて

 

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3_20160312-2

 

象徴が使えない

発達障害が増えているなんて

 

yjimagezkmwl5wy

 

愚説が誕生するんですよね。

 

ジブリは

そういうことを

 

かぐや姫邸に押しかける

エセエリートとしての貴公子たちとして

 

t02200215_0800078312837796652

 

風刺しているのです。

 

yjimageyiqa3g3z

 

仏性としての視点とかけ離れた

 

yjimage1y6e08z1

 

かぐや姫わがまま論なんてのも

漫画ですよね。

 

子どもたちを生きにくくしているのは

現代臨床心理学なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です