324円でも「常習累犯窃盗」で懲役の慢性化した依存症(PTSD)

今年3月11日

青森市内の

100円ショップで

パン2個とスプーン1本を盗んだ

72歳の男性は

 

5月下旬

青森地裁第5法廷で

懲役5年の実刑判決を受けました。

 

罪名は「常習累犯窃盗」です。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

一見

軽微に思える内容ですが

2011年に

常習累犯窃盗で

懲役4年6月を言い渡され

刑務所に服役し

刑期満了で出所したのが今年1月で

そのわずか2カ月後

11回目の逮捕です。

 

なぜ窃盗を繰り返すのかは

「自分でもよく分からない」

「なぜか衝動的に」盗んでしまうので

 

「今度出所したら

病院に行ってみようと思います」とのことです。

 

 

 

窃盗しないですむように

対策を練れば練るほど

失敗するのは

ストレス性だからのようです。

字を見ても

真面目そうです。

 

 

 

依存症も

PTSDの百花繚乱の1つの現われなので

 

 

薬物などに置き換えないようにして

トラウマから見直すとよいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です