向精神薬強要の毒親からPTSD解離遁走中にJR新今宮駅で殺人未遂の知的障害男性(28)

大阪市の

JR新今宮駅のホームで

11日に

女性2人が突き飛ばされ

1人が線路に転落した事件で

大津市の無職の男(28)が

殺人未遂容疑で逮捕されました。

 

知的障害があり

家出中に

無銭飲食をして

保護されており

 

「女性の背中か腕を

力を込めて触ったらホームに落ちた。

殺そうなんて気持ちはない。

逮捕されると思い

必死で逃げた」と

供述しているので

 

刑事責任能力について

慎重に調べる方針とのことです。

 

お母さんは

 

 

こんなこと言ってますが

知的障害でなぜ薬を飲まなければならないか

わけがわかりませんし

 

コンサータとか

ストラテラとか

子どもはみな嫌がってますよ。

 

子どもの意思を尊重しながら

お話を聞いてあげれば

学校にも行けるようになるのに

 

それを無理に飲ませる親って

どうですか?

 

お母さんへの屈折した思いが

見ず知らずの女性たちに向かったのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です