脚フェチで岐阜の高齢夫婦殺害の22歳PTSD解離男に無期懲役判決

岐阜県関市で

2014年11月

無職夫(当時81歳)と妻(当時73歳)を

刺殺した

無職男(22)の

裁判員裁判で

岐阜地裁は

無期懲役の判決を言い渡しました。

 

検察側は

「性的暴行を遂行する目的で

強固な殺意に基づいて

2人を殺害した。

冷酷で残忍な犯行」などと指摘

弁護側は

「被告の犯行には

女性の脚に異常な性的興奮を覚える

精神障害が大きく影響した」などと

死刑回避を求め

量刑が争点となっていたものです。

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

依存症も重度になると大変です。

PTSDとして

適切に治療いたしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です