川崎市中央療育センターで男児圧死「PTSD児への発達障害ラベリング実験」成れの果て

支援施設

「川崎市中央療育センター」で

今月

入所していた男児(9)が

就寝中に心肺停止となり

死亡していました。

 

添い寝をしていた

20歳代の女性職員が

ぐずる男児に添い寝しているうちに

眠り込んでしまい

過って男児を窒息死させたそうです。

 

最近は

入所児のほとんどが発達障害です。

 

発達バナーめ

 

早めに

発達障害という診断名を受け入れ

療育を受けるとよいと

喧伝されていますが

 

現状はそうでもないので

 

現場の職員たちが

困惑し

時々このような

解離事件を起こさせられています。

 

「校門圧死事件」の画像検索結果

学校現場では

「校門圧死事件」なんてのもありました。

 

おかしな管理システムで

犠牲になるのは

いつも

末端の労働者と子どもたちなのです。

 

 

データは十分ですから

もう実験終了しましょう。

 

川崎市中央療育センターで男児圧死「PTSD児への発達障害ラベリング実験」成れの果て」への2件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    スタンフォードの監獄実験は、仰るとおり、もう十分ですね。日本人オーバーキルは、アベ政治によって、どんどん進められていきます。べ平連の活躍で、米軍から反戦兵士が出て、世界の庶民がそうした動きを支持しました。
     当時を知る人すべてがそのことを若い人たちに伝えて、護衛艦いずもを「後方支援」に転用するため改造するなら「病院船」にすべきです。大陸から飢餓や災害その他の理由で逃げた人を収容し、«quarantine»=検疫の後に避難先または移住先に送り届ける際の中継船として、平時も戦時も世界の海で活躍できます。人道的(=“humane”)な事業を進めるために。
    “business undone and inhumane”
    事業を破滅させ、人道上の罪を続ける動きには抵抗しましょう。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      もうやめないとダメですね。
      同時に台無しになった文化も復興です。
      傷が大きいので、自然と起こるでしょう。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です