『雨に唱えば♪』PTSDの負の連鎖の布置で死亡の数奇な女優母娘の運命

娘さんが

飛行機内で心臓発作を起こして

60歳で

急死すると

翌日には

84歳のお母さんが

弟さんの自宅で

亡くなりました。

 

 

視線の向かう方向は別々ながら

 

離婚再婚を繰り返し

同じ女優業を選択していますから

 

父方の祖父が

ロシア系ユダヤ移民で

一族共通の癒やされないトラウマという

ネガティブに強いきずなで繋がっていたのでしょう。

 

お母さんの代表作である

 

 

このミュージカル風映画のように

 

(酷い声と性格の

サイレント映画の大女優)

 

 

本物(PTSDの心理療法)が

(トーキー映画の時代の到来)

見掛け倒し(発達障害誤診と薬漬けや電気ショック)の

ニセモノを駆逐する日が来て

 

こんな母娘が

トラウマを本当に癒やして

現実的な意味で仲良く暮らせるような

世界になればいいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です