フクシマ原発事故で避難せず診療の高野院長出火でPTSD死

昨日

午後10時半ごろ

福島県広野町

下北迫の

高野病院の院長

高野英男さん(81)方から出火

木造平屋建て住宅の一部を焼き

室内から

高野院長の遺体が見つかりました。

 

東京電力福島第1原発が立地する

双葉郡で

唯一

診療を続けている病院で

 

「最近も変わった様子はなく

診察に当たっていた」ならば

 

解離により

失火し

逃げおくれたのでしょう。

 

 

危険な地域で

病気になってゆく人々を診続けることは

医療の限界を目の当たりにすることでもありますから

複雑性PTSDの発症リスク大だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です