フランス留学中に行方不明の黒崎愛海さんもストーカー被害で恐怖のPTSD発症リスク

フランスに留学中の

黒崎愛海(なるみ)さん(21)が

行方不明になっている事件で

 

黒崎さんの元交際相手である

チリ国籍の男は

「彼女は信頼を取り戻し

自分がしたことに対し

少し代償を払わなければならない」

「彼女が9月21日までに

その条件を守れば許すことにする」との

ビデオ「声明」を

インターネット投稿していました。

 

 

黒崎さんとの関係を維持するために

イスラム国みたいに

脅迫し

実行に移した

ストーカー事件です。

 

私もやられました。

 

被害者の恐怖心は大変なもので

普通の神経では耐え難いものですから

 

 

複雑性PTSD発症リスクに曝され

 

千葉大生に監禁されていた

被害中学生のように

フツーに見えているかも

 

「千葉大かぶ」の画像検索結果

 

 

(それで見つからないのかも)しれませんね。

 

やっと安全確保された

斎藤杏花さんは

当然ながら

回避行動等が顕著で

PTSDと診断されています。

 

国際事件となると

警察の動きもまた鈍るのでしょうが

 

 

早く救出してあげて下さい。

 

フランス留学中に行方不明の黒崎愛海さんもストーカー被害で恐怖のPTSD発症リスク」への2件のフィードバック

  1. franoma

    「PTSD発症リスク」という概念を定着させることが大事ではないかと考えており、それに関連するコメント
    「騙し討ち」を
    http://ameblo.jp/don1110/entry-12234771274.html
    に投稿した件を(承認されるかは不明ですが)こちらに書きます。

    コメント内容:
    これは、やられた男性側から見れば
    「騙し討ち」
    ですね。こういう形で生物学的な父親として「責任」を取らされることは、あってはならないことです。大きなPTSD発症リスクになるからです。

    倫理規定や民法がどうあれ、
    「騙し討ち」にした側は、お咎めなしで、
    「騙し討ち」にされた側が一切の負担を負わされるのは理不尽であり、
    やられた側は大きなPTSD発症リスクでしょう。

    どうも、お邪魔しました。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      興味深く拝見しました。

      何もかも後手後手で「民法の想定外」が多すぎて…。
      こういうのはオカシイという民意が健全に保たれればと思いますが、心もとないです。
      「民」事なんですけどね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です