古河市国道逆走でヘルパー女性死亡させ逃走中のPTSD解離運転手

茨城県古河市の国道で

車同士が正面衝突し

運転していた

訪問ヘルパーの67歳の女性が死亡しました。

 

もう一方の

四輪駆動のRV車は

センターラインをまたいで

進行方向と逆向きに止まっていて

運転手は

現場から逃走中です。

 

道路は逃げ場がないわけですが

帰省で渋滞も多いこの時期に

こんな事故に巻き込まれる可能性があると思うと

恐怖ですよね。

 

日頃から

PTSD予防教育をして

解離人格になる人を減らして

安全な生活を取り戻しましょう。

 

人身事故も

医療費も減りますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です