鍬もてなし豊作願う「おくわさま」はゲシュタルト心理学でPTSD予防

神様に見立てた

鍬に

ごあいさつする

富山市の

ご老人です。

 

 

 

「ゲシュタルト療...」の画像検索結果

 

西洋から来た心理学は

たいてい

昔から

日本にもあります。

 

 

これは

悠仁さまがおつくりになったものですが

こんなミニチュアを使う

箱庭療法なんかも

どちらかというと

日本的です。

 

鍬もてなし豊作願う「おくわさま」はゲシュタルト心理学でPTSD予防」への2件のフィードバック

  1. franoma

    ゲシュタルト療法の有効性ということで、こちらに書きます。

    翠雨先生のブログ記事にも、以前、私が愚息に問われて答えたことをコメント
    http://u0u1.net/ARO7
    させていただきました。

    人種や性別によらず、サイバーストーカー( http://u0u1.net/ARJc )idthatid( http://bit.ly/idthatid )さまのような加害者に対しては、
    まず「父性による切り離し」
    =ご本人の更生( http://u0u1.net/AROz )につながるような適切な判決文が不可欠です。完全犯罪者( http://u0u1.net/AROF )になってしまえば、更生は不可能ですね。あるいは、仙台エリート研修医( http://u0u1.net/AROT )さんのように解離性健忘( http://u0u1.net/ARPa )に逃げ込んでしまえば、社会復帰は出来ません。いずれにせよ、痛ましいことです。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      今月、別訴も始まるので、複数の判決文を読むことになると思います。
      認知の歪みが激しいので、きちんと読みこなせるかという不安はありますが、とりあえず期待されるのは適切な判決文ですね。
      私が学会で発表したようなことが、世間に知られたら、心理職としてやってゆけないという自覚はあるようなので、とても期待しています。
      追い打ちをかけるように、駅弁祭りさんに心理職としてあるまじき暴挙に出ましたので、かなり厳しい立場にありますが、そこは本人次第でしょうね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です