殺人事件被害者のツイッター更新のPTSD解離サイバーストーカー少年

去年9月

千葉県酒々井町で起きた

殺人・死体損壊事件の

被害者の男性になりすまし

 

男性のツイッターを

「復活だよ!」などと

31回も更新していた

定時制高校の

男子生徒が

不正アクセス禁止法違反の疑いで

書類送検されました。

 

 

「自分のコンピューターの知識を認められたかった

亡くなった人のツイッターに

不正アクセスすれば注目が集まると思った」そうです。

 

 

この場合も

発達障害などではなく

 

 

お母さんに認められたい

子ども人格の仕業なのでしょう。

 

 

原因のある

解離性同一性障害

あるいは

PTSDですから

 

薬は効かないけど

予防も治療も可能ですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です