PTSD解離犯罪者には警察鑑識から【投影】返しのサイコセラピー

容疑者の男が

スマートフォンで盗撮した

被害者の画像について

徳島県警鑑識課が詳しく解析したところ

被害者の瞳に

加害男の姿が写っていました。

 

犯罪の現場を撮影して

拡散する犯罪者が増えていますが

 

 

「映すものは映されるもの」

 

 

PTSD解離犯罪を犯すような人物の盲点である

客観的証拠です。

 

普通の人には当たり前の話ですが

投影で

自他がドロドロになったまま

妄想の世界に逃げていたら

わからない世界らしいです。

 

加害者が

逮捕されることが増えれば

被害者のPTSD予防にも

貢献しますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です