月別アーカイブ: 2017年1月

長崎でDV・ストーカー(PTSD)無理心中事件発生

長崎県長崎市三景台町の路上で

28歳の女性が刃物で刺され死亡

女性の元夫(30)は

付近の住宅で

首を吊って死亡しました。

 

 

DVとストーカーは

親戚みたいなものです。

 

殺害後

 

懲役22年の人もいれば

 

国際手配されている人もいますが

 

心中事件はさらに深刻ですね。

 

PTSDで

認知の歪みが激しいので

 

 

自分と他人の区別がおかしくなり

悲劇が起こります。

 

 

何らかの原因があるはずですから

発達障害扱いせず

 

 

PTSD予防と治療をいたしましょう。

人身事故が減るなど

一石鳥ですよ。

 

 

新月とともに

旧正月も迎えました。

そろそろ

新しいことをしましょう✨

 

発達障害工作員hitomixpisces0227のPTSD解離性ゴロツキコメント

わざわざ

何年も前の

 

 

SNS連続送信をしたみみタン

ゴロツキコメントがあった記事を選んで

 

わかりきったコメントをしてくる人がいました。

 

どうでもよい内容ですが

 

見えにくいので

一時的に表示しますと

 

こういう感じです。

 

同じ日に

twitterではこんなこと書いてますよ。

 

あちこちで

つまんないゴロツキコメントを繰り返している人物のようですから

 

工作員でいいんじゃない?

 

自称発達障害ブロガーさんは

 

 

確かに

子どもみたいなことをしますが

 

 

安易に真似てしまうのは

PTSDである証なのです✨

 

 

未成年の禁煙治療はカウンセリングが基本なのでPTSD解離性八つ当たりを受容

日本禁煙学会は

35歳未満の人を対象にした

禁煙治療の指針を公表しました。

 

未成年の喫煙者の治療については

「カウンセリングが基本」で

カウンセリングが困難な場合にのみ

禁煙補助薬を使うこともあるけれども

 

「バレニクリン」の画像検索結果 「バレニクリン」の画像検索結果

バレニクリンは

安全性が確認されていないので

使わないそうです。

 

タバコの身体依存性は

覚せい剤どころじゃないので

禁断症状から

「自分の体なんてどうなってもいい」等

自暴自棄になったり

「先生に何が分かるんだ」と

反抗的な八つ当たりも出てくるものですが

 

それらを否定せず

受け入れるべきだということや

親に知らせたくないと言われた場合

守秘を確約するようにとも求めています。

 

無意識の力動性を無視した

認知行動療法的なやりかたでは

脱落者が多そうなのは

 

その他のPTSD治療と同じです。

 

女生徒(14)に教室で排尿指示しPTSD発症させた高校に1.4億円賠償命令

高校の授業中に

トイレに行くことを許されず

教室内の用具入れにあった

バケツで排尿するように指導された

元女子生徒(18)が

学校を管轄する

行政当局に損害賠償を求めていた裁判で

米カリフォルニア州サンディエゴの裁判所の

陪審は

賠償金125万ドル(約1億4000万円)の支払いを命じる

評決を下しました🎉

 

原告の元女子生徒は

屈辱的な体験だったと証言

うわさが広がり

他の生徒から下品なメールが送りつけられるなどしたため

自殺を試みたこともあり

現在も

心理療法を受けているそうです。

 

 

日本でも

トイレに行かせてくれないという話は

わりと聞きます。

 

しかし

慰謝料は桁違いですね。

 

人種差別?

セルフネグレクト?

 

このくらい原因が明らかなPTSDでも

 

 

発達障害扱いされるし💢

 

 

「わら人形」で女性脅迫のPTSD解離ストーカー男(51)逮捕

群馬県内の

ゲームセンターの敷地内に

経営者の女性(52)の名前を書き

釘を刺したわら人形を放置し

身の危険を感じさせた

51歳の男が逮捕されました。

これまでにも

車のタイヤをパンクさせたりしていて

子どもみたいですが

 

 

 

 

「藁人形」の画像検索結果

歪んだ形ながら

イメージ表現ができているので

ニセ流行の

発達障害ではなく

適切に治療すれば

治ると思います。

 

逮捕されると

治療を勧めてもらえるので

よかったですね。

 

「みだりにうろつく行為」初適用でPTSD解離ストーカー会社員(43)逮捕

知人女性の

勤務先の周りを

みだりにうろつく行為を繰り返した

宮城・仙台市の会社員の男が

逮捕・送検されました。

この行為が適用された検挙は

全国で初めてです。

 

口頭で警告も受けていたようで

「女性の勤務先に行ったのは間違いないが

景色を見て落ち着きたかった」との言い訳は

警察では通用しませんでした。

 

警察から

依存症の治療を受けるように

指導されるんですね。

 

法律が改正されてよかったです。

 

医師の7割にPTSD解離性モンスター患者対応経験アリ

岐阜市の歯科医院で

男性院長が患者の男に刺殺された事件から

1週間経ちましたが

犯行動機は治療を巡る不満のようです。

 

医療現場では

患者やその家族から暴力を振るわれたり

暴言を吐かれたりする例は少なくなく

医師7割がモンスター患者対応経験アリだそうです。

 

 

医療結果が意に沿わないとか

医師の態度が気にくわない

待ち時間が長いとクレームをつけたり

風評被害になるようなことを言いふらしたり

暴力にまで発展するケースも少ないけれども

 

警察に相談したり

民事裁判をかけたりすると

報復も怖いので

ハードルが高いというのは

ネットストーカー被害と一緒ですね。