13人死亡の「無痛分娩」はPTSD性発達障害リスク

出産の痛みを

麻酔で和らげる

「無痛分娩」について

厚生労働省研究班は

医療機関に対し

急変時に対応できる

十分な体制を整えた上で

実施するよう求める

緊急提言を発表しました。

 

無痛分娩で

死亡率が明らかに高まるとは言えないとのことですが

 

麻酔を使うので

妊婦が中毒症状に陥って死亡したり

 

「陣痛促進剤の使用や

吸引分娩も増え」

 

子どもに負担がかかります。

 

こんな事件もありましたね。

 

「パラケルスス」の画像検索結果

パラケルススなんかは

帝王切開とか

災害の記憶を克服する過程で

偉大な医師(哲学者)になったのでしたね。

 

10 thoughts on “13人死亡の「無痛分娩」はPTSD性発達障害リスク

  1. あ*=franoma

    無痛分娩ということで、こちらに書きます。
    無痛分娩を選択して母が死亡、お子さまも重い障害だそうです。
    死亡例が増えました。

    http://www.asahi.com/articles/ASK6Y7HQCK6YPLBJ00F.html?ref=yahoo
    『麻酔後に急変「息ができない」 無痛分娩後に死亡の女性』
    石塚翔子 2017年6月29日23時30分
    神戸市の産婦人科医院で2015年9月、麻酔でお産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」をした女性が出産時に呼吸困難に陥り、重い障害を負い、
    今年5月に亡くなった。「痛みと命がてんびんにかけられると知っていたら、妹は無痛分娩(ぶんべん)を選ばなかったはず」。東京に住む女性の姉(36)は、無念さをにじませる。

    《無痛分娩の女性死亡 子どもは重い障害 神戸の医院》
     首都圏に住む1歳違いの妹とはよく連絡を取っていた。妹は我が子誕生を心待ちにして、洋服やおもちゃなどを買いそろえ、名前の候補も夫婦で考えていた。…
    (以下略)

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      向精神薬を受け入れるのと同じ感覚なんでしょうが、そういう現実も含めて痛ましいことですね。

      返信
      1. あ*=franoma

        少し、違うと思いますよ。無痛分娩を選ぶ人は、私の兄の前妻もそうですが、自分の苦痛を避ける卑怯者です。私は、起き上がらねば、息子ともども西洋白人たちに殺害されるという危機感から服薬しました。あの人たちは、黄色いサル( http://bit.ly/AsiatischeAffe )は殺しても罪にならないと思っていますからね。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          差し迫って、命がかかっている場合は例外でしょうね。
          それは、手術時の麻酔みたいなものでしょう。

          返信
          1. あ*=franoma

            手術時の麻酔とも違いますよ。服薬する方が苦痛は大きく、起き上がれずに首を絞められて死んだほうが楽でしょ?

          2. wpmaster 投稿作成者

            SSRI服用にも、古来のシャーマンのようにその時だけ治療的に使う場合と、ハッピー・ドラッグだと信じて布団に磔の刑になる場合がありますね。

            死んだほうがマシと思うくらい大変な状況で起き上がって対応しようという場合は、前者に近い感じだと思います。
            鍼灸院でも「次の舞台(試合)に出たい(のでなんとかしてくれ!」というオーダーは多いそうです。

            ちょっと説明が足りず、すみません。

  2. あ*=franoma

    ハッピー・ドラッグ路線では、何を服用しようともPTSDは治りませんね。

    PTSD現象が起きる場において、
    パワーポリティクスに沿って=権力者におもねって「来談者制圧」解決法を採用して、
    制圧された側が苦痛を一方的に我慢した上で、その先にあるPTSD死を受け入れるようにするのが
    「発達障害論」詐欺や「明日ぺにオキシトシン」=「ハッピー・ドラッグ路線」ですね。

    PTSD治癒=昇華
    ですから、当然のことです。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      薬を飲むと闘志も衰え思考能力も低下し、「制圧」する必要すらなくなるわけで、加害者からみた「ハッピー・ドラッグ」なのでしょう。

      返信
  3. あ*=franoma

    『出産レポ  
    無痛分娩の後遺症。の巻』
    | our days ~みそじの人生は何かと忙しい~
    https://ameblo.jp/michi1001michi1001/entry-12378073280.html
    というアメフラシ記事がありました。

    「PTSD発症リスク」という概念が理解されていないがため、正常な警戒心を手放してしまっている創価学会員によくあるケースです。

    創価学会=公明党=創価大学は、
    ⒈ 隠蔽
    ⒉ 差別
    ⒊ 棄民
    を積極的に進めて、日本人の公民権運動を進めようとする人々を社会的に抹殺し、安倍政治を進めて、行政の私物化を達成してきた政治団体=私腹を肥やすことに血道をあげて、学会員に自我肥大を起こさせてきたという意味でカルト組織です。今後、カルト色を薄めていって教団の存続を目指すのであれば、集団ストーカー行為の組織だけは即刻、やめなければならないでしょう。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      アメフラシ記事のご紹介ありがとうございます。
      体験談は珍しいので貴重です。
      背景にはそういう世界が\(◎o◎)/!
      肥大させたフォアグラ自我には、おかしなものもノセやすいということでしょうか。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です