睡眠薬大量に飲み連続放火で無罪主張のPTSD解離男(39)

去年4月

大阪市北区で起きた

連続不審火で

放火や

建造物損壊などの罪に問われている

被告(39)の初公判が

大阪地裁で開かれました。

 

これとは別に

睡眠薬を飲んで車を運転した罪にも問われていて

 

本人は

放火について「覚えていない」と述べ

弁護人は

「睡眠薬を大量に飲み責任能力がなかった」と

無罪を主張

検察は

「コンビニで買い物するなど責任能力に問題はなかった」と

反論しますが

 

未治療重症PTSDに

薬を大量に盛ると

 

こういう出来上りになるんですよね。

 

 

治安のためにも

薬を管理する能力のない人たちに

薬を処方するのはやめて頂きたいです。

 

処方する側も

「自動販売機」と呼ばれていて

管理能力ないみたいですが?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です