ヘビースモーカーだったインドネシア少年(2)もファスティングで過食症と自傷行為(PTSD)克服

2010年

この写真で有名になった

インドネシアの貧村に住む

アルディ・リザルくんは

 

「アルディ・リザ...」の画像検索結果

 

インドネシア政府の援助を受けて

リハビリを行い

一日40本吸っていたタバコの

禁煙に成功しましたが

 

その反動で過食傾向に陥り

脂肪たっぷりのジャンクフードばかり食べ

1日にコンデンスミルクを3缶平らげるようになってしまい

 

「アルディ・リザ...」の画像検索結果

 

5歳の時点で

平均よりも6キロ重い24キロにまで太ったばかりか

食べ物欲しさに

頭を壁にぶつけて

泣き叫ぶようになったそうです。

 

過食症と自傷行為ですね。

そういう人が日本でも増えていますが

 

「依存症」の画像検索結果

 

認知行動療法等で

行動だけ修正しようとしても

別の依存症に移行するだけです。

 

しかし

この少年の場合は

新鮮なフルーツと野菜を中心とした

(ベジタリアンも断食の一種です)

厳しいダイエットプログラムを遂行し

現在4年生の平均体重に落ち着いているそうです。

 

「断食」の画像検索結果

 

文化的に

断食が受け入れやすい地域にいるのは

幸運だったかもしれません。

 

断食が嫌な人のために

箱庭療法等が生まれたのです。

 

ヘビースモーカーだったインドネシア少年(2)もファスティングで過食症と自傷行為(PTSD)克服」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です