月別アーカイブ: 2017年5月

詩織さんは「デートレイプドラッグ」によるPTSD解離性健忘を主張

元TBSワシントン支局長

山口敬之氏(51)から

準強姦被害を受けたが

不起訴とされたのは不当として

検察審査会に審査を申し立てた

ジャーナリスト詩織さん(28)は

 

当日の記憶が欠落していることについて

 

これまでに「お酒ですっぽり記憶をなくした経験はなく

被害に気づいて

目が覚めた時も

お酒の二日酔いのような状態ではなく

頭がクリアだった」ので

「デートレイプドラッグを混入されたと思っている」と説明

 

詩織さんの弁護士は

睡眠薬などの悪用により

他人からは普通に行動しているように見えても

 

「夢遊病」の画像検索結果

 

本人は覚えていないという症状が出るとされており

状況と合致する」と

説明しました。

 

そういうのは

【解離】と言って

自殺や犯罪の際にも

問題になる

無意識の

心的防衛機制だけど

 

DV被害者なんかも

危機的な状況に対応するために

【解離】することがあり

 

 

アルコールとの同時使用では

酒類が少量でも

効果が強まるんですよね。

 

 

裁判所に

PTSD理論について

わかりやすく

説明することは大切なことです。

 

裁判所書記官のPTSD解離「忖度」に対する異例の証人尋問

大阪地裁岸和田支部で作成された

刑事裁判の

「公判調書」をめぐり

大阪高裁の控訴審で

被告側が

「事実と異なる記載がある」と指摘し

作成した地裁支部書記官を

高裁が証人尋問する

異例の決定をしました。

 

「忖度」流行してますからね。

 

書記官も

解離すれば

忖度してしまいます。

 

心理職なんかは

 

 

 

忖度お上手で

だんまりなんてお手のものです。

 

臨床心理士資格が紙くずになっても

文句一つ言わず

迷わず公認心理師資格を取得の予定です。

マインドコントロールが徹底してますね。

 

こんな頭お留守の心理職たちが

学校に入り込むようになったために

若者の死因第一が自殺になったという

不名誉な現実をつきつけられても

まだ目が覚めないのでしょうか。

 

いつか証人尋問を受ける日が来て

慌てても遅いのですよ。

 

処方箋なく向精神薬販売した神戸のPTSD解離内科クリニック院長(58)も逮捕

3月に

神戸の医薬品販売店で

客に処方薬を不正販売する目的で所持した

経営者の男(60)が逮捕されましたが

 

入手ルートの捜査から

処方箋を出さずに

元患者の知人に販売した

神戸市中央区の

内科クリニックの院長(58)が浮上し

 

麻薬及び向精神薬取締法違反

(営利目的譲渡)容疑で

逮捕されました。

 

 

処方薬だけでも

 

 

人身事故とか

 

 

通り魔とかが増えて

危険なのに

処方箋無しとは

 

「自動販売機向精...」の画像検索結果クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

本当に

自動販売機だったのですね。

 

処方薬で充分アブナイのが

周知の事実になったからか

(集合的無意識はなんでも知っている)

脱法ハーブによる暴走事件は

流行り廃りとなりました。

女子高生に不登校を命じ暴行洗脳した霊能者(35)と若者をPTSD解離自殺に追い込む臨床心理士たち

無職の母親(44)が

自分には霊の声が聴こえるという

近所に住む

女性自称霊能力者(35)の言うことを信じ

 

昨秋から

「修行に集中させるため」に

娘に高校を休ませ

毎日暴行を受けさせた疑いで

自称霊能者とともに逮捕されました。

 

娘は

完全なマインドコントロール(洗脳)状態から解け

現在は

被害にあったと認識しているそうですが

 

母親がそのような目に合わせたわけですから

さらに

PTSD予防が必要でしょう。

 

自称霊能者は

犯罪者型PTSDですが

(妄想や幻聴が活発なPTSD)

 

学校現場では

スクールカウンセラーという名の

自称心理職が

(いずれ紙くずになる臨床心理士資格取得者が多い)

間違った情報を鵜呑みにして

子どもたちを心療内科に誘導し

薬漬けにしています。

 

その結果が

昨日報道された

衝撃的な自殺白書でしょう。

 

若者の死因第一位が「自殺」である国は

異常です。

 

 

洗脳書籍に洗脳ポスター

何でもありのやりたい放題

このまま野放しにしますか?

 

西武国分寺線でもPTSD解離自殺

21:42頃

鷹の台~小川駅間で発生した

人身事故の影響で

国分寺~小川駅間の運転を見合わせています。

 

今日は

特に

人身事故が多いです。

 

自殺白書の影響でしょう。

 

若者の死因第一が自殺なんて

異常な国ですよね。

 

 

PTSD予防いたしましょう。

 

成田スカイアクセスでも「お薬の力」を借りてPTSD解離自殺

新鎌ケ谷~千葉ニュータウン中央駅間で発生した

人身事故の影響で

現在も上り線の運転を見合わせています。

 

自殺白書の影響でしょうか。

そんなー!と思われるでしょうが

PTSDは真似る病で

流行に敏感なのです。

 

うつ病では

 

「うつ病」の画像検索結果

 

「高飛び」の画像検索結果

 

即死になるような

ハイジャンプ無理でしょう?

 

「うつ病お薬」の画像検索結果「うつ病お薬」の画像検索結果

 

「お薬の力も

借りてみる?」って言われて

 

真に受けたら

元気が出過ぎて

 

「賦活症候群」の画像検索結果「向精神薬で自殺」の画像検索結果

(お薬という言い方やめましょう)

 

通り魔になった人もいますよ。

 

「アクチベーショ...」の画像検索結果「向精神薬で通り...」の画像検索結果

 

それでも

まだ

通院続けます?

 

北総線白井駅でPTSD解離自殺「負の連鎖」を予防いたしましょう。

白井駅で発生した

人身事故の影響で

現在も

上り線の運転を見合わせています。

 

衝撃音を聞いた人もいるそうです。

忘れた頃に

日常生活のなかで

ふと

似たような波長を耳にして

記憶のスイッチが入り

調子を崩すこともあるんですよ。

 

 

そうならないように

PTSD予防しておきましょうね。

 

若い人の死因第一位は「自殺」との発表がありました。

自死遺族の会が

随分前から指摘してきたことですけどね。

 

 

お仕事で

事後処理に当たる方々も

どうぞお大事に。

 

スクールカウンセラー制度が招いた「若い世代死因第一はPTSD解離自殺」という異常事態

政府は

30日

2017年版の自殺対策白書を

閣議決定し公表しました。

 

自殺者数は減少傾向にあるけれども

死亡原因は15~39歳で自殺が依然として最も多く

「社会をけん引する

若い世代の自殺は深刻な状況にある」としています。

 

20代前半の2位は

「不慮の事故」ですが

運動能力も高い年代ですから

これも無意識の自殺行為っぽいですよね。

 

 

「スクールカウン...」の画像検索結果「スクールカウン...」の画像検索結果

 

こういうのが

学校に出入りするようになったのが

根本原因でしょう。

 

(発達障害とかフツーとかデタラメばかりで…)

 

「公認心理師」の画像検索結果

今は

こんなものを取ろうと

悪巧み中みたいで

懲りない悪人たちです。

「タイガー・ウッズ逮捕」飲酒(処方薬依存)運転でPTSD解離負の連鎖中

男子ゴルフ

元世界ランキング1位の

タイガー・ウッズ選手(米国)が

29日朝

フロリダ州ジュピターで

飲酒運転の疑いで逮捕されました。

ご本人は

処方薬依存症であることを主張されていますが

依存症問題=PTSD問題であることには

何ら変わりありません。

むしろ

多量の処方薬の関係性を考えずにいる人が

潜在的に多数存在するという

時代の象徴的事件と捉えるべきでしょう。

 

生後9ヶ月から

ゴルフを始めていますが

 

「グリーンベレー」の画像検索結果

手ほどきをしたのは

米陸軍特殊部隊グリーンベレーの退役軍人である父親でしたので

 

2006年5月3日にガンで他界すると

6月には

まさかの予選落ちにより

連続記録がストップ

2008年には

以前から痛めていた左膝の手術で欠場するようになりました。

 

2009年11月には

不倫が発覚し

妻から車で逃げる途中に交通事故を起こして負傷

無期限のツアー欠場を表明したりもしましたね。

翌年には復帰しますが

ここ数年は

腰の痛みで途中棄権するなどして

手術を終えたばかりでした。

 

「帰還兵」の画像検索結果

帰還兵問題は

子孫代々負の連鎖します。

 

「タイガー・ウッ...」の画像検索結果

 

赤シャツの験担ぎよりは

家系図見直しが有効かもしれませんね。

 

こころの整理ができれば

スター選手の

幸福な引退モデルのお手本となるでしょう✨

 

「清原お遍路」の画像検索結果

 

覚せい剤依存に陥った

この方は

お遍路で

その作業をしようとしました。

(道半ば?)

 

不勉強から駒!「ベンゾジアゼピン依存症患者は固定資産」PTSD解離性「錬金術」

今年4月18日

厚生労働省は

通常より大幅に数の多い

薬の副作用について指摘しましたが

そのほとんどが

催眠鎮静剤や抗不安剤でした。

 

週刊現代によると

「ベンゾジアゼピン系の薬は

欧米では

’70年代から’80年代にかけて

依存性が問題になり

慎重に使われるようになりました。

ところが

日本ではそうした弊害についての

情報が出回らず

患者も医者も危険性について認識していなかった。

その結果

ベンゾジアゼピンの処方量は

日本が世界トップクラスであるという

異常な事態になっていたのです。

今回

ようやく

厚労省が38種類の向精神薬について

注意喚起しましたが

欧米に比べて30~40年遅れという印象ですね」

 

「うがった見方をすれば

患者さんが催眠鎮静剤によって

依存状態になれば

一生医療機関に通い続けることになる。

これが

医者にとっての『固定資産』になっている面も否めません」

「実際

催眠鎮静剤の危険性をテーマに講演をしても

『依存して何が悪い』という態度の

医者もいます」だそうです。

 

 

転売されて

犯罪に使われたりもしていますから

罪な話です。