神戸・有野無差別5人殺傷事件と『借りぐらしのアリエッティ』の離婚PTSD

神戸市

北区

有野町有野の

民家などで

男女5人が

刃物で刺された事件ですが

 

容疑者(26)は

「誰でもいいから殺そうと思った」と

無差別殺人事件であったことを表明したあと

黙秘に転じました。

 

もともと

地味で

目立たないタイプだったので

 

 

「陰陽」の画像検索結果

窮すれば通じるで

(陰陽反転)

攻撃性を出し切れば

内向するようになったのでしょう。

 

母方祖母は

孫と暮らすようになったと

とても嬉しそうだったそうですが

孫の方は

近所の人にもあいさつしない等

心理的に追い詰められていたようです。

 

 

「借りぐらしのア...」の画像検索結果

 

『借りぐらしのアリエッティ』の主人公は

両親の離婚から

心臓を病むようになり

(心身症=PTSD)

 

「借りぐらしのア...」の画像検索結果

 

 

お母さんが育った

古い屋敷で

一週間過ごすなかで

自己治癒力が作動するようになって

考え方も変わり

元気を取り戻しました。

 

 

神戸には

 

「メアリ魔法大学...」の画像検索結果「借りぐらしのア...」の画像検索結果

 

 

エンドア大学を出たような

お手伝いさん

(臨床心理士)しかいなくて

アリエッティに出会いそこない

 

「ドクター・デイ」の画像検索結果

 

ドクター・デイ流の

眉唾科学による

薬漬け実験に巻き込まれたのかもしれませんね。

(アクチベーション・シンドロームってやつです)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です