茨城で逮捕されたPTSD解離女性ストーカーはバイセクシャルかどうか捜査中

知人女性(62)の

自宅に押し掛けるなどした

建設業手伝いの女性(46)が

警察の警告を無視したので

ストーカー規制法違反の容疑で

逮捕されました。

 

好意の感情が満たされなかったことを恨んで

ストーカー行為をしたのは明らかなのですが

 

ストーカー規制法の認める

ストーカー定義は「狭義」なので

 

双方が既婚者で

友達でもなく

交際もしていない状況から

 

警察は

被疑者がバイセクシャルかどうか

調べる方針なのだそうです。

 

「LGBT」の画像検索結果

 

体育大を出ているようなので

(もちろんすべてがそうではありませんが

オリンピック選手レベルになると

性別を超えた人がいて問題になりますね)

そういうことはあるかなぁと思います。

 

あとは

精神分析の

マザコン・ファザコンが

無意識で拗れた場合ですね。

 

警察も

PTSD心理学のお勉強が

必要な時代になりました。

 

茨城で逮捕されたPTSD解離女性ストーカーはバイセクシャルかどうか捜査中」への4件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    アメブロ記事
    https://ameblo.jp/raingreen/entry-12311535987.html
    に、以下のコメントを投稿したところ、承認待ちにならず蒸発するので、こちらに書きます。

    コメントタイトル:
    PTSD否認が蔓延した状態は、社会病理

    コメント内容:
    「ストーカー規制法の認める
    ストーカー定義が『狭義』」であることが問題ですね。

    (1)「ストーカー行為」がなされた事実のみを当事者と警察、司法が共有し、
    (2)ストーカーさんの「ストーカー行為」=行動化をとめるように、
    箱庭療法を受けるなどしてPTSDを治せば良いのです。

    箱庭療法を受けるなどしてPTSDを治せば、
    (a)行動療法的な介入や薬漬けとは違って「治療」による後遺症は出ませんし、
    (b)そういう行為をすると「ストーカー」と言われても仕方ないと(PTSDによる)認知の歪みが是正されるため、
    (c)反省ができて、
    (d)「ストーカー行為」=行動化せずに済むようになりますから、
    誰も「犯罪者」扱いされることなく、民事で解決できます。

    ところが、現状では、箱庭療法を受けるなどしてPTSDを治すことができるという事実を大手さんの学会が否認していますから、
    (A)行動療法的な介入や薬漬けによって、冤罪の場合でも取り返しのつかない後遺症が残されてしまうし、
    (B)そういう行為をすると「ストーカー」と言われても仕方ないと(PTSDによる)認知の歪みが是正されず、「ストーカー呼ばわりは不当だ」と提訴した被害者側を恨むようになり、復讐感情が迷走して、PTSDが悪化します。
    (C)自己憐憫が先に立ち、反省どころではなく、
    (D)「解離はトラウマの影」ゆえストーカー行為ができない人的・物的環境に置かれても、別の行動化や摂食障害、解離言動、転換症状が出るだけです。

    翠雨先生が提訴なさったサイバーストーカーさんも、ストーカー加害者なのですけど、黄色いサル女
    http://bit.ly/AsiatischeAffe
    に対するPTSD否認が蔓延した人類社会のなかで出てきた時代の徒花として、社会病理の被害者ですね。

    PTSD否認が蔓延した状態は、社会病理です。臨床心理で仕事ができるように大学院を出ていながら、そんなことさえ解らないのは、不勉強すぎます。不勉強すぎるだけなら人道上の罪にはなりませんが、いきなり突撃してきたり、ブロガーさんを脅して黙らせたり、業務妨害をしたりするのは、資格を持っていても臨床心理の仕事をするには不適格です。学位剥奪が妥当でしょう。一体、どこの大学があのような人物に学位を授与したのでしょうね?
    ===コメント内容おわり===

    ストーカー研究( http://bit.ly/2qdSmXY )を皆でオープンにやれば良いのに、
    大阪大学の現象学者さんたちも、そういう気がなくて、
    残念ですね。話が全然、進みません。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      アメブロのコメント蒸発、残念です。

      警察の定義、早く改正してほしいです。
      ストーカー規制法ではないのに逮捕されたと訴えるストーカー男性(ストーカー行為であることは認めた)も出ましたので、この事件も、下手すると、警察が提訴されます。
      普通の逮捕者はそこまでしませんが、そこが、アメリカンなストーカーたち独特の部分ですね。

      ドラマの脚本家さんなんかは、ストーカー心理と箱庭療法について、よく理解されているようです。
      警察から問い合わせられることがあるとシャーマンに聞いたことがありますが、私のところにも容疑者らの創作物(ドラマでは盆栽)が送られてくる時代がくるかもしれません。

      ストーカー研究についての学会の態度は、そのまま事例として学会発表し、世に問いました。
      阪大さんも改悛するなら今のうちです(^_-)-☆

      返信
      1. あ*=franoma

        結局は、科学者が言うデタッチメントを徹底するだけのことですよね。

        翠雨先生が記事に掲載してくださった
        (1)“I’m gay”
        (2)“I’m lesbian”
        (3)“I am bisexual”
        (4)“I am transgender”
        …という表面的な分類には何の意味もありません。そういう表面的かつ変わり得る状態像について、心乱される(← “in a disturbed state of mind” という状態に陥る)人が多数派なのは、そこにPTSD現象があるからであり、
        上述(1)〜(4)について「スティグマ」(←カトリックでは “stigmata”=「聖痕」)をつけるのが従来のアプローチでした。朝日新聞で連載された新聞小説も男根を変質者から切り取られた男児をめぐるPTSD現象を描いたものだったようです(←私は読んでいません)。しかし、被害男児に「スティグマ」(←カトリックでは “stigmata”=「聖痕」)をつけるアプローチよりも、今は、そこにPTSD現象があることを専門家が認識して、PTSD予防&克服を進めることが唯一、
        「いかなる問題が起きようとも人道的に対処しよう」
        とする学徒の倫理的な構え=学問のあり方であることが明らかになっています。

        学徒の倫理的な構えについては、
        http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/e/d529d97bfa3fcc8b7298698ac5b2c9f3
        にも書いてあったので、私もコメントしました。ひとたび、学生として受け入れたのであれば、蓋し、その学生が普通に新聞を読んで大人と話し合うこと(=普通なら十歳くらいでできること)ができなくても、「発達障害論」詐欺の援用でファカルティが悪いのではないと言い訳をするのは見苦しいだけでなく、人道上の罪ですから、そういう大学は、大学として倒壊しています。反省して、「発達障害論」詐欺を展開した西洋白人女性心理職ご夫妻を(その証拠に残らない完全犯罪=大学文学部のサーバーを流用して集団ストーカー行為を組織した件について学内で調査し)処分しましょう。そうしたら、倒壊大学も立ち直れるかも知れません。あそこの大学病院の精神科も極めて変な処方をしていました。私は、それを処方された人から見せていただいて、びっくりしました。そういう私は、西洋白人女性心理職ご夫妻らの総攻撃を受けつつ、順天堂大学の大学病院に行ったわけで、そこの先生は、単剤処方と飯がうまいのを自慢にしていて、それ以外については何か「この人、変じゃないの?」と思いましたが、まあ、いいや…っていう感じです。私は、スリーマイル島原発事故のときから自己分析をしている物理学者ですし、ネットで途中、S先生の論文2編
        http://bit.ly/mumAbused-PTSD
        http://bit.ly/PTSDinLaterLife
        を奨められて拝読しましたので、「この人、変じゃないの?」と思うような主治医には理解できないだろうと判断し、その論文を見せませんでした。

        「主治医」の検索
        http://bit.ly/2wn2QIt
        をすると、翠雨先生がお書きのくだり
        「発達障害の人は
         主体性欠如のために
         主治医に話をあわせすぎる傾向があり…」
        と出てきますけど、
        「発達障害論」詐欺(=“imposture”)
        https://duckduckgo.com/?q=imposture+%E3%81%AF&t=ffsb&atb=v60-5__&ia=web
        を展開する「専門家」が「発達障害」ラベリングをした上で
        当人の主体性を無視して、当人およびその人的環境・物的環境全体を制圧し、
        主治医に話をあわせさせるのが「彼ら」が展開してきた攻撃であり、
        やっていることが、まるでCIAです。

        話は戻って、
        「いかなる問題が起きようとも人道的に対処しよう」
        とする学徒の倫理的な構え=学問のあり方を投げ捨てないかぎり、
        上述の翠雨先生が記事に掲載してくださった
        (1)“I’m gay”
        (2)“I’m lesbian”
        (3)“I am bisexual”
        (4)“I am transgender”
        …という表面的な分類には何の意味もありません。そういう表面的かつ変わり得る状態像について、心乱される人が多数なのは、そこにPTSD現象があるからだという認識を共有し、PTSD現象学を進めることが人類の福祉に寄与する唯一の道なのです。

        やっていることがまるでCIAの西洋白人女性心理職ご夫妻が跋扈したり、
        http://bit.ly/AngloSaxonInterests
        というレベルで現場が右往左往したりの現状では出口が見えなくなります。
        その出口を見えないままにしてしまわないためにこそ
        学徒の倫理的な構えが人類史レベルで必要なのです。それについては、
        http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/e/d529d97bfa3fcc8b7298698ac5b2c9f3
        にも書いてあったので、私もコメントした件は、既に述べました。

        (1)“I’m gay”
        (2)“I’m lesbian”
        (3)“I am bisexual”
        (4)“I am transgender”
        …という表面的な分類には何の意味もなく
        (α)“I am like you”
        (Ω)“I’ m human”
        この2点だけが重要です。この2点を外したからこそ
        ウェールズの人で「日本文化」贔屓、
        作曲家&日本画家の麻莉子さんと
        1980年(← スリーマイル島原発事故の後)
        結婚し、生まれた娘さんが社会的に抹殺されたでしょう。
        http://ptsd.red/2017/02/10/c-w-%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%AB%E6%B0%8F%E3%81%AE%E5%A8%98%E3%82%82%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%A7%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81/#comment-12948
        にコメントしました。

        やはり、「核の平和利用」詐欺をアイゼンハワーが国連演説をして展開したことが
        人類史に影を落としているのです。
        http://bit.ly/2wzXbKk
        小川岩雄先生は「認知症」ではなく晩発性PTSDだったハズです。
        http://bit.ly/PTSDinLaterLife

        第一次安倍内閣で「子どもは飼いならす」として教育基本法を骨抜きにし、
        http://bit.ly/FundamentalLawOfEducation
        「全電源喪失はない」
        と答弁して福島原発事故の予防をやめさせ、
        http://bit.ly/2x5WkW6
        今なお、お友だちの晋精会を重用して「日本人オーバーキル」路線=黄色いサル( http://bit.ly/AsiatischeAffe )に対してのみPTSD否認を続けようとしてきた
        安倍晋三さんは人類の敵です。

        もっとも、晋精会は、安倍ちゃんお友だちにしか人権を認めない姿勢が災いして、
        ニュージーランド人青年を死亡退院にしてしまい、
        このことは、アングロサクソン諸国でも問題にされるでしょう。
        http://bit.ly/2wzFquJ

        晋精会は、解散するしかありませんね。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          「科学者が言うデタッチメントの徹底」ですね。
          これまでにも、的確なキーワードをいくつか示していただきました。
          この問題について右も左もわからない人が多いので、こういうキーワードは重要です。

          『聖痕』の詳細は忘れてしまいましたが、ここに書いていただいたような、象徴の本来の意味がわからない人が多いので、著者があのような表現をしたのだと私は考えています。
          ユング派が、「象徴がつかえない発達障害が増えている」と愚説を垂れ流し始めるのですから、思想界の危機です。

          こうして見ると、4つの分類もDSM的ですね。

          晋精会御用達の、相手の人権を認めていないのに、表面上はやさしい言葉で囲って骨抜きにするヤクザなシステムに喜んで参入しようとするようなギョーカイは、狂気です。
          共謀罪って、罪の意識から、投影的に生まれたのではないかと…。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です