『悲しくてやりきれない♪』こころのケア ( PTSD予防)ソング

フォークグループ

「ザ・フォーク・クルセダーズ」の

世界中の民謡を紹介するというコンセプトは

集合的無意識の研究に関係しますね?

メンバーだった

はしだのりひこさんが

パーキンソン病のため

72歳で他界されました。

 

 

 

イムジン河』を大事に歌ってきたバンドなのに

『帰っていた酔っぱらい♪』は

当人たちにとっては

売れる前の「前座」でした。

そういうことよくありますね。

政治的圧力から発売自粛となったため

それに代わる曲として制作されたこの曲が

代表作とされています。

 

悲しくて悲しくてとてもやりきれない♪

それを表現し傾聴されるのが

こころのケアの基本でしたね。

 

 

 

北山修は精神分析で有名人になりました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です