「ストーカー殺人」富岡八幡宮元宮司(56)がPTSD解離性無理心中で姉と妻が死亡

東京都江東区の富岡八幡宮周辺で

昨夜

血を流した男女4人が倒れていて

大騒動になりましたが

 

 

宮司の女性(58)らを

弟の元宮司(56)と妻が襲い

2001に宮司を解任された恨み

脅迫文を送ったことで起訴されたこともある。

殺害後に妻を刺し

自殺したようです。

運転手の男性(33)は重症

日本刀の他に

真っ二つに折れていた。

短い刀やサバイバルナイフを準備し

 

地元警察との会合から帰宅したところに飛びかかり

運転手の男性は

約100メートル追いかけられています。

死の恐怖ですから

PTSD予防が必要ですね。

 

こういうのは【解離】していないとできない芸当ですが

ストーカー殺人事件で顕著になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です