静岡県職員の自殺率全国の2倍?!「新型うつ」モデルから「PTSD」モデルへ

静岡県職員の自殺率が全国の2倍 だそうです。

2009~16年度の8年間

知事部局の県職員の自殺者が17人

教育委員会や県警本部などでも計24人

不治モデルなんてのもありましたので

「うつ病発症率」の画像検索結果

うつ病なら

薬でコントロールできるはずなのに

自殺対策(うつ病キャンペーン)によって

自殺者が増えた。

県職員局長は

「亡くなった方の苦しい心の叫びを聞くこと

気づくことができなかった責任を感じる」と話し

ストレス度が高い職員に

受診やカウンセリングを勧めているそうです。

 

静岡県だけに

うつ病が増えるはずはないし

 

「うつ病自殺」の画像検索結果

 

「うつ」でもないので

「うつという医学...」の画像検索結果「新型うつ香山リ...」の画像検索結果

うつ病モデルから

PTSDモデルに

PTSDはストレス障害

少しずつ変わっています。

 

治療も薬物コントロール中心のうつ病ではなく

PTSDモデルにいたしましょう。

 

 

こころの声を聴けばよいのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です