PTSD解離ネットストーカーidthatid(tlros)裁判で異例の判決文

ネットにウソばかり書き込んだり

職場に怒鳴り込んだりした件は

上告中ですが

ボコボコにしたと書かれました。

複数の学会に怪文書を送ったり

変な訴訟を起こしては取り下げた 別訴については

昨日

判決が出ました。

 

学会の理事長が

証人出廷し

提訴恫喝されて私に発表させなかったと

認めない限り

怪文書を送っていない学会では発表しているし

何の問題も指摘されていないので

状況証拠はバッチリなのに

被害は認められないとのことで

また負けてしまいました。

 

しかし

理不尽であっても

この事実が重要です。

ストーカー被害に遭遇中のみなさま

提訴予定のみなさま

こういうことに気をつけて

対応してくださいね。

 

そして

判決文に

珍しい文面がありましたので

紹介します。

 

 

何と

被告も

請求を却下されてるんです。

普通は口頭で行われます。

 

訴訟すら利用して

ストーカー行為をしていた証ですね。

私の書いたものや関係情報を得ようとして

裁判所にまで請求したのです。

 

 

 

法廷でも逆上するので

傍聴人は最後はゼロに?

裁判官も

怖かったのでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です