認知症の負の連鎖?85歳に続き91歳もPTSD解離暴走運転で逮捕

無免許運転で

女児(1)をはねて

重傷を負わせた

大阪府藤井寺市の

91歳男性が

逮捕されました。

 

免許は2012年4月に失効していたけれど

「近所に用事があった」ので運転し

「人をひいた認識はない」とのことです。

 

本人のなかでは

ただそれだけなんですね。

解離してるとこんな感じです。

 

そう言えば

9日午前8時20分ごろには

前橋市

85歳の男性が運転する乗用車が

自転車の女子高校生2人をはねる事故がありました。

女子高校生は2人とも意識不明の重体。

普段から物忘れなどがみられ

物損事故を数え切れないくらい起こしているので

免許返納を勧められていたのですが

昨秋

認知機能検査を経て

免許を更新していて

 

「(家族にとめられないよう)

隠れるように出て行ってしまった」そうです。

 

認知症のようにも見えますが

 

運転をやめられないこと

依存症

隠れるように行動できることから

解離行動

PTSDみたいですね。

 

タイトルの「負の連鎖」ですが

認知症は伝染りません。

 

小さな女の子や

始業式の女子高生を狙うのも

無意識のなかにある記憶でしょう。

 

こういう場で

治療するとよいですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です