慶大生(20)今度は古典的にPTSD解離性「父親殺し」で逮捕

慶応大学経済学部2年の学生が

18日夜

大田区の自宅マンションで

父親(58)の腹をナイフで刺し

殺人未遂の現行犯で逮捕され

父親はまもなく死亡しました。

 

「4人一緒のところも見かけるし

仲がいいご家族だと思っている」と

近所の人は証言していますが

 

母親の連れ子である弟の服を

酔って帰宅した父親が勝手に使い

喧嘩しているのを見て

「感情的になった」そうです。

 

単なる服も

人間の所有するものですし

象徴的な意味において

「解離」したのでしょう。

 

「慶応PTSD」の画像検索結果

事件の多い慶応で

また塾長さんは

大学のサイトで謝罪させられるのでしょうか。

 

「慶応PTSD」の画像検索結果

 

「慶応PTSD」の画像検索結果

 

現金な間違いを犯す傾向があるようですが

隠蔽しようにも

 

「父親殺し」の画像検索結果「小此木啓吾」の画像検索結果

 

小此木啓吾のいた大学では

無意識も

さすがに古典的な表現となります。

 

次は

どんな事件の発覚で

我々をあっと驚かせてくれるのでしょう。

 

その前に

精神分析を取り戻し

PTSD予防教育をした方がよいと思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です