PTSDが治癒すれば自然に消える「皮膚むしり症」

皮膚むしり症が話題となっていて

「無意識に唇の皮を剥いたり

爪先の白い部分を噛んだりむしったりしている」

「れっきとした病気だ」なんて

書かれていますが

本当でしょうか?

 

 

確かに

昔から

不登校の子なんかには

「爪噛み」等がよく見られますが

 

登校し始めた頃に

「そう言えば

爪噛みしなくなってた」

「なんだか爪に砂が入るなぁと思ったら

爪が伸びてたんだ」なんて感じで

 

うちは砂で治療しますので。

 

 

自然に消えてゆく

二次的な症状です。

 

「皮膚むしり症」なんて

なんでも病気にすることで有名な

DSM5で命名された

Skin-Picking Disorder

用語をつかって

喧伝するところが

怪しいです。

 

くれぐれも

惑わされないようにして下さいね。

 

ましてや

発達障害とかコンサータとか…(^.^)/~~~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です