著作権不当主張による音楽教育妨害問題に文化庁がPTSD予防教育的裁定

 

日本音楽著作権協会が

全国の音楽教室に

著作権使用料の支払いを求めたのに対し

 

音楽教室側が

文化庁に

徴収保留を求める裁定を申し入れていた問題で

 

文化庁

徴収開始を認める裁定を下したのは

残念ですが

 

係争中の教室には

支払いの督促をしないよう求める

行政指導を行ったのは

良かったです。

 

「TPP」の画像検索結果

現実に則さない

無粋で

妙な

権利主張が増えました。

 

提訴され

判決が出た時点で問題になるということですから

NHKの話みたいなものですかね。

「NHK最高裁受信...」の画像検索結果「NHK最高裁」の画像検索結果

 

本日3月7日から施行で

遡っての支払いはないし

司法判断の前に

不当な督促をしてはならないとした点で

最高裁より穏当

 

無意識的コピペだらけの

盗作騒動が増えてます!

最近の音楽よりは

著作権が切れた

クラシックや民族音楽への回帰も

原理的だから

PTSD予防教育にはよいかもしれませんけどね。

 

 

そして

著作権管理をされていた

北島三郎さんのお子さんが

亡くなったとの報道

本日は

象徴的な日かもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です