懲役9年の樺風被告(25)は「自閉スペクトラム」被害少女はPTSDの診断

埼玉県朝霞市で

2014年に行方不明になった

当時中学1年の少女が

約2年後に保護された事件で

未成年者誘拐と監禁致傷などの罪に問われた

寺内樺風被告(25)に

さいたま地裁は

懲役9年を言い渡しました。

 

少女は

重症のPTSDと診断されていて

被告には

相手の感情を感じ取ったり

自分の行動の不適切さを

理解したりすることが苦手な発達障害

「自閉スペクトラム症」の傾向にあったとの

鑑定結果が出ています。

 

 

 

判決言い渡しを延期させるほどの

裁判所での不適切発言も含めて

すべて解離性同一性障害

PTSDですよね。

 

「ドラキュラ」の画像検索結果

 

恐ろしいドラキュラに睨まれると

逃げるチャンスがあっても

そんなの関係なくなります。

 

恋愛関係にあった等と

被害者をバッシングしてる人は

もういませんよね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です