少年刑務所は老人だらけ?!偽の「大人の発達障害」時代これからも…(^.^)/~~~

佐賀少年刑務所では

2月16日

80代の男性受刑者が

けいれんを起こし

搬送先の病院で死亡しました?!

 

実は

少年刑務所に

「少年」はほとんどいなくて

2016年の少年刑務所の入所者数は2609人

20歳未満は12人(0.46%)だけ

一部の重大犯罪を除けば

少年院に入ることが多いため

「少年」よりも「高齢者」の方が多いのだそうです。

 

一般の刑務所に比べて

矯正処遇が手厚く

教育が十分に受けられなかった受刑者が

中学や高校の勉強や

職業訓練を受けたりしやすいので

 

「大人の発達障害」の画像検索結果

 

発達障害だったのに気づかれなかった人たちとして

重ね着症候群とかという大嘘

扱われているのかもしれません。

 

PTSDとして治療し

生い立ちから犯罪に至った経緯を振り返ることができれば

「エリクソン」の画像検索結果

老人期は

統合か絶望かの

哲学的にとても大切な時期

失敗すると認知症様に

普遍的問題とつながり

それが本物の治癒へと近づくのに

 

「無知の涙」の画像検索結果

学校の勉強とは

本人が学びたいと望み

愉しいと感じるならよいですが

残念ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です