滋賀の交番巡査(19)「頭が真っ白になって撃った」PTSD解離行動

滋賀県彦根市の

交番で

警察官が拳銃で撃たれて死亡した事件で

殺人の疑いで逮捕された

19歳の巡査は

「罵倒されたので拳銃で撃った」

「頭が真っ白になって撃った」と言っているそうです。

 

ストレスから

ストレス脆弱性がPTSDにはある。

解離したということですね。

 

全く無意識ではないので

命中したし

解離性遁走もしました。

 

全く意識が働いていなければ

いくら田舎でも

どこかにぶつかるでしょう。

 

「大人の発達障害...」の画像検索結果

発達障害では

絶対ないです。

 

滋賀の交番巡査(19)「頭が真っ白になって撃った」PTSD解離行動」への4件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    真面目なお巡りさんが、こんなことになるのは…「バカ女」が悪いと断言できます。おいたわしや。

    さような悲劇を予防するには、
    PTSD予防学習を義務教育レベルで済ませておくことがポイントですね。

    「悪い女にキンタマ握られて、緑内障になった=泣くに泣けない…アドラー心理学で止まっている私の兄は、ムイシュキン型のバカです。父や母が生きていたら、義姉に怒りの鉄槌=苦言を申し上げたことでしょう。しかしながら、当時の義姉は逃げおおせて倒壊大学の大学人=勝ち組の「悪い女」です。もし彼女が普通に反省できて、公認心理師法を批判できるようになれば、彼女のような「こじらせ女子」( https://bit.ly/kojiraseGirls )も救われる=昇華できるのですけど、さて…どうなりますか?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      19歳ですからね。
      どうしてここまでになってしまったのかと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です