精神分析に役立ったLSDの生みの親アルバート・ホフマン氏の命日

ホフマン氏が

1906ー2008

 

麦から抽出した菌類の医療効果の実験中

偶然みつけたLSDは

最初の「被験者」

極微量のLSDが漏れ手に付いた。

極微量で

幻覚や恍惚状態に陥るので

開発された当初は

精神分析の一助として利用されていましたが

 

 

 

 

1960年代に

ヒッピーらの間で乱用が広まり

世界各国で禁止されました。

 

依存に陥らないように

効果的に薬を使うのは難しいようです。

 

フロイトも友人をコカイン中毒にしましたから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です