拒食症治療と称する人権無視の不当な身体拘束でPTSD発症の女性(24)が病院を提訴

14歳のときに

ダイエットで体調を崩して入院した病院で

 

77日間も不当に身体を拘束された

東京都在住の女性(24)が

この病院に対して

1056万円の損害賠償を求める裁判を

東京地裁に起こすそうです。

 

 

栄養指導をすればよい段階なのに

ベッドから離れてはならないと指示され

病室の簡易トイレで

看護師の立ち会いのもとでの排泄を強要

 

音楽を聴くことも

外部との電話や面会も許されなかったそうです。

 

納得できないので

点滴を抜くと

「治療を拒絶した」などの理由で

帯のような太いひもで

両手両足と肩をベッドに縛り付けられ

鼻からは胃へチューブが

尿道にはカテーテルが入れられ

おむつをされ

入浴もできなくされたそうです。

 

すべての拘束が解除されたのは77日目で

その2ヶ月後にやっと退院できましたが

 

「PTSD予防」の画像検索結果

PTSD発症リスクを負っていますから

 

退院後は

頭痛やめまい

不眠の症状が出たほか

拘束される夢を見て跳び起きたり

フラッシュバックから逃れるために

カッターで腕を自傷したりするなど

精神状態が著しく悪化

 

別の病院でうつ病と診断され

よくある誤診

高校は1年生の5月で中退

結婚してからは安定してきているというものの

 

 

向精神薬が手放せない状態だそうです。

処方薬依存症ですね。

 

摂食障害には

深層心理的な理由があるのですから

 

「PTSD予防拒食症」の画像検索結果

竹(消化管)をめぐる

翁(世代間)との関係の問題の象徴

かぐや姫がよくテーマになるのは

自己実現モデルだから

拒食=断食で自己治癒力が作動しているから

正しく見守る必要がある。

正しく治療なされなくてはなりません。

 

 

こういうことを知らない治療者が行うと

「非人道的な扱いで

肉体的・精神的な苦痛を受け

人生を壊された。

私のような被害者を出してほしくない」と

訴えられることになるわけです。

 

 

拒食症治療と称する人権無視の不当な身体拘束でPTSD発症の女性(24)が病院を提訴」への4件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    アメブロのほう
    https://ameblo.jp/raingreen/entry-12376354465.html
    に、以下のコメントを投稿しました。

    「こういうことを知らない治療者」
    =専門性が低いだけの人々…
    晋精会&公認心理師法システムのお墨付きによってカモに「障害固定」&「障害受容」を進めるわけです。今に始まったことではなく、アヘン戦争パロディですね。

    http://ameblo.jp/nicolas2012/entry-11555535256.html#c12322566890
    コメント No. 1
    Son
    始めまして 参考になれば
    精神科医に知り合いがいるのでその医師との会話であります。

    その医師は、医学部卒業後誰もが知っているk大学病院の精神科の医局に入りました。

    教わった事といえば、患者の話を聞き けして否定も肯定もせずに 、そうでしたか・・と一言いい 患者が心のうちを全て出し涙を流せば診察終了。後は、薬を飲んでくれるからいいお客さんなんだ と話し医局時代、誰一人よくなって退院していないと言っていました。

    ある事がきっかけでこちらのブログを訪ねることになりました。ニコラスさんは、薬害当事者であり納得する事も多くまた、情報の豊富さに驚いています。

    この精神科医が言った事が参考になればと思いコメントいたしました。
    また、看護師の間でも、精神科の看護師になるのは最後でいいと言われています。すなわち得るものがない そうです。

    このような話しが現実ですから、麻薬のような薬を処方するしかないのではないでしょうか?

    何かあっても、訴訟になりずらい科とも言えるのではないでしょうか。
    2013/06/20 11:56:44

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      入院を考えている人たちには、この酷い現状をお知らせしたいです。

      この裁判のなりゆきは注目されるでしょうね。
      訴訟になりずらい科が返上されるきっかけになりますように✨

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です