「悪質タックル捕物帳」日大学長緊急会見に72歳女性トリックスターがPTSD解離乱入

連日のドタバタ劇を受けて

25日には

日大本部で

日大の

大塚吉兵衛学長(74)が

緊急会見しましたが

 

密かに乱入していた

部外者の72歳女性が

会見上へは「名刺も出さず、つーっと入った」

会見が始まると

最前列正面から立ち上がり

司会者や大塚学長に対し

「ちょっと待った。

そんなまだるっこしいことやってられないんだよ」

「おまえらに、もの申しに来たんだよ」

「日大の対応に腹が立って

財布も持たずタクシーに乗って来たんだよ。

こっちは体張ってんだ。

若い芽をつぶしたのはおまえらだろ!」と激高し

 

関係者数人によって退場させられました。

 

会見場を出ても興奮がさめやらず

3人の警備員によって敷地外へ連れ出され

「このメンタル、魂が信じられない。

だから私がみなさんの魂へ訴えにきた」と話したそうです。

 

 

 

連日のドタバタ劇が

集合的無意識的に

この女性引き寄せたのでしょう。

 

「集合的無意識」の画像検索結果

 

解離人格の特徴がよく表れています。

①用意周到抜け目がない

常識を解離しているので

組織の隙きをつくような行動ができる。

「日大危機管理学...」の画像検索結果

スポーツ科学と危機管理学

②主張に一理ある。

例えば犯罪は間違っていますが

社会の闇を映し出します。

 

トリックスター ( trickster)のようなものでしょう。

神話物語の中で、や自然界の秩序を破り

物語を展開する存在

いたずら好きとして描かれ

善と悪、破壊と生産、賢者と愚者など

異なる二面性を持つのが特徴

「トリックスター...」の画像検索結果

 

ドラマは

深いところから動き出したようです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です