家出少女15分で発見の警察犬「黒まめ」と新幹線PTSD解離性無差別殺人事件の家出対応

父親に生活態度を叱責され

家出した

女子中学生を

出動からわずか15分で発見したとして

普段使っていた枕カバーのにおいを嗅ぎ

夜道を迷わず真っすぐに進み

自宅から約230メートル離れた

神社敷地内でうずくまって寝ていた女子中学生を発見

 

岡山県警岡山西署は

警察嘱託犬の「黒まめ」

(ラブラドルレトリバー・メス8歳11カ月)と

 2011年の審査会で合格し

これまでの出動は170回

行方不明者の発見は今回で3回目

過去にも6回の表彰を受けている。

 

飼い主の農業

後神知子さん(55)に

感謝状とメダルを贈りました。

 

黒まめ氏?

 

名前の由来は

生まれた時に小さく産まれてきたためですが

においをたどる「追及」の仕事は

とてもまじめにこなすそうで

自己実現ですね。

 

「寝覚の床 新幹...」の画像検索結果

 

新幹線無差別殺人事件の容疑者の

家出も

専門家が

黒豆のように

地道に対応すればよかったのかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です