山陽新幹線小倉駅でPTSD解離自殺

午後2時10分ころ

山陽新幹線の小倉駅で

到着した対向列車の運転士が

のぞみ176号の

ボンネット部分が壊れているのを見つけ

血のようなものがついているのが確認したので

1つ先の新下関駅で停車し

緊急点検を行ったところ

ボンネットから人体の一部が見つかりました。

 

 

PTSD予防いたしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です