公認心理師の次は患者を拳銃で撃つ「精神科医療安全士」認定制度?PTSD解離発言流石に取り消し💦

全国の精神科病院でつくる

「日本精神科病院協会」の

山崎学会長は

協会の機関誌5月号の巻頭言(寄稿)で

 

「協会雑誌 精神...」の画像検索結果

 

精神科の患者さんへの行動制限を減らす試みが

世界の医療現場で進んでいると言っても

米国では

武装した警備員が

暴れる患者に対応している事例もあるわけで

「もはや患者の暴力は治療の問題ではなく治安問題」だから

「僕の意見は

『精神科医にも拳銃を持たせてくれ』ということです」と述べた

部下の医師の意見を

群馬県内の病院の理事長でもある医師が

朝礼で話した内容

「興味深かった」として引用

 

巻頭言の文末では

患者の暴力に対応するため

協会として

「精神科医療安全士」の認定制度を検討していることも

紹介しました。

 

「精神科医療の身体拘束を考える会」代表の

長谷川利夫・杏林大教授らは

「患者を危険な存在と決めつけている」態度を批判

 

昨日

東京都港区の協会事務局を訪ね

公開での意見交換会の実施などを求めると

協会ホームページにも掲載されていた巻頭言は

削除されました。

事務局は

「ホームページのレイアウトなどを更新したためで

批判との関係はない」と説明

 

既に

脳内に

まるで爆弾のような新薬がしかけられるのが常となり

 

「SSRI」の画像検索結果

 

こんな事件を起こす人も出てきているわけですから

 

「SSRI」の画像検索結果

 

病院が暴れさせているのではないかと考えるのが筋なのに

精神活動の統合を失調していますね。

 

「ロボトミー手術」の画像検索結果「ロボトミー手術」の画像検索結果

また

昔から成長がなく

ギョーカイとして

発達障害を起こしているとも言えます。

精神科は

治すと言うより

優生保護の考え方から

人を分類するために生まれたという呪縛から抜け出せない。

 

「T4作戦」の画像検索結果「T4作戦」の画像検索結果

 

「公認心理師」も

こういう思想の病院の

言いなりで動かないと罰せられる可能性がある。

「公認心理師」の画像検索結果

 

「精神科医療安全士」と

同じような発想から生まれたのですから

今からでも廃案にしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です