「日大劇場関西版」柔道の先生からのPTSD解離暴行が怖くて学校に行けない子どもたち

神戸市

西区の

市立中学校に勤める

30代男性教諭は

 

昨年4月以降

顧問を務める

柔道部や

部員3人は不登校

担任をするクラスの

複数の男子生徒に対し

頭をたたくなどの体罰を

十数回加えたので

 

市教委から

不適切な指導と認定され

処分される予定だそうです。

 

厳しい口調で問い詰められ

萎縮して何も答えられなくなると

「記憶障害ではないか」ととがめられ

「発達障害心理療...」の画像検索結果「ADHD架空の病気」の画像検索結果

スクールカウンセラーのマネして

病気あつかいしちゃダメだよ。

不登校になった生徒は

精神的に追い詰められ

「先生が怖くて学校に行けない」と

話しているそうです。

 

「PTSD予防」の画像検索結果

柔道の先生に暴行される恐怖

想像できますか❓

校長も

今どきこんな指導をしているとは

青天の霹靂で

 

「日大アメフト」の画像検索結果

日大劇場関西版

「教諭の行動に気づかず

指導が不十分だった」と陳謝し

 

被害生徒の心のケアなどについて

PTSD予防のことだとわかっているかな❓

保護者と話し合っているそうです。

 

「PTSD予防」の画像検索結果

こういうのだったら

意義を申し立てましょう。

 

「日大劇場関西版」柔道の先生からのPTSD解離暴行が怖くて学校に行けない子どもたち」への2件のフィードバック

  1. ドラゴン?

    学校へ行って叩かれる苦痛と、叩かれるまでのビクビクした不快な苦痛を味わう事が解っているのなら、初めから行かない方が苦痛を回避出来る….と不登校児は考えるのですよね

    それを親が強引に学校へ行かせ様とすると子供は親に放棄させられた気持ちになるーそれもトラウマの原因になるのかもしれませんね

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です