『健康で文化的な最低限度の生活』DV被害母子が二重人格になるPTSD

生活保護についてのドラマのなかで

「健康で文化的な...」の画像検索結果

 

「健康で文化的な...」の画像検索結果

 

安達祐実演じる受給者は

追いつめられているのに

明るく前向きなことしか言えないので

結果的にウソをつくことになり

就職が決まったとか

ケースワーカーからも逃げ回り

就職が決まれば保護打ち切り

自殺に追い込まれます。

 

抑圧されたネガティブな感情をすべて

やつあたりされた娘は

基本人格は「よい子」ですが

母親の気持ちを先取りし無理をする

都合のよい子は

精神を病みやすい。

やつあたり中の母親が憑依することがあり

別人格

 

「マヤる」の画像検索結果「ガラスの仮面」の画像検索結果

ガラスの仮面をもつ

北島マヤのような

ヒステリー行動を

「マヤる」と呼ぶらしい。

二面性をみた人は驚きます。

 

常識では片づかない問題なので

専門家のアドバイスをもらいましょうということになったのですが

 

向かったのは

心療内科で

DVのストレスでうつ病になって

自殺願望が出ていて

危ないところだったと言われた

安達祐実は

明るい表情で感謝し

母子関係もよくなり

すべてまるく収まったというオチです。

 

「PTSD予防」の画像検索結果

DVで

二重人格になったり

世代間負の連鎖するのは

PTSDなのに

ヘンですね。

 

現実では

このあと安達祐実は

薬害に苦しみ

PTSDは薬では治らない。

ブログに書いたり

「アリスパパ」の画像検索結果

被害者支援の会に相談したりするんですよね。

 

『健康で文化的な最低限度の生活』DV被害母子が二重人格になるPTSD」への4件のフィードバック

  1. Dragon

    「健康的で文化的な最低限度の生活」のクライテリアが知りたいです

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      さすがドラゴンさま?
      もう図星で(;_;)/~~~

      そこが大問題なのに、自明のものとされながら実は不問にされている(不思議 思議できない)ところからドラマが始まるようです。

      返信
  2. ドラゴン

    昨日、知らない人に「海外在住の勘違い日本人女」と言われて、考えてました
    その人のクライテリアが適切なモノなのか、それともその人が他を知らないだけで、日本の特別な領域基準を持ち出して来たのか……
    以前にも、「白人医師の日本人軽視を丸のみしてる」と指摘されたのですが、グループディスカッションにソックリ持って行った事を思い出します

    何をクライテリアとして人と対話すれば良いのかがわからなくなってるドラゴンです
    日本に行ったらまた黙ってる以外方法がないのかも……

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      不問のブラックボックスなので、恣意的になりがちなんですよね。
      おかしな人ほど自信たっぷり&恣意的で、迷惑です。
      そういう人からは逃げるが勝ち?ですね。

      何をクライテリアとするかは個人の自由で、相手がどんなクライテリアをもっているかで対応しながら自分を守るしかないようです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です