『昭和元禄落語心中』PTSD予防中の2人は犬猿の仲だが文化に貢献

NHKドラマ『昭和元禄落語心中』

事故で男女が死亡

一人は落語家「助六」

「昭和元禄落語心...」の画像検索結果

 

助けられず

罪悪感に苛まれ続ける落語家と

 

その落語家を恨み続ける

養子縁組した遺児のこころの葛藤を描いたお話です。

「昭和元禄落語心...」の画像検索結果

 

寡黙な上に

こころうらはらなことしか言わないところが

似た者同士で

 

「昭和元禄落語心...」の画像検索結果

刑務所からでてきたばかりの

破天荒な新弟子「与太郎」に

二人との関係は「陰と陽」

亡くなった落語家を二重写しにみて戸惑いながら

「昭和元禄落語心...」の画像検索結果

 

芸をみがいてゆきます。

 

落語家は

落語と心中し

 

女性だからと落語家になれず

過去の記憶にがんじがらめになってはいけないと諭されていた

娘さんは

大事にしていた写真の父親と養父を切り分け

与太郎の子どもを生むことで

父親の芸を後世に残すようになります。

 

言葉ではないところで

人間を癒やしながら

伝承されてゆくものは

確かに存在しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です