『ハラスメントゲーム』元パワハラ加害者による被害者救済対策でPTSD予防研究

「ハラスメント」をテーマに

奇抜なアイデアと手法で

日大劇場で証明されたように

パワハラは根深い問題なので

普通の対応ではどうしようもない。

さまざまな問題を解決してゆく主人公と

パワハラで飛ばされ

降格・減俸・配置転換中

つまり元加害者による被害者救済

仲間たちの活躍を

一話完結で描くドラマが始まりました。

 

第一話では

縁故採用の不遜な社員が

仕事をサボり

それを注意されたことに逆ギレ

商品のパンに一円玉を仕込み

PTSD解離行動でもある犯罪行為

会社に「パワハラをやめろ」という電話があったと

ストーカーが被害者をストーカーと呼ぶような

脳内転換による勘違い

自作自演します。

事情を知らない社長は

新店舗への影響を考え

事実をすべて隠蔽しようとするという

警察に被害届も出さない。

老舗大手ならではの問題でした。

 

縁故社員に「クズ中のクズ!」と迫るシーンは

「にお倍返し」の画像検索結果

「倍返しだ!」の真似かな?

 

自殺者も出て

社会問題になっているのに

「公認心理師」の画像検索結果

専門家はノータッチですから

ドラマの世界が

学会の役割を果たしています\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です