渋谷ハロウィンは発達障害流行の日本の象徴でPTSD解離暴徒化も犯罪級

今年も

集団ヒステリー的に暴徒化した人たちが出現

 

午前1時過ぎには

路上に停めてあった

軽トラックを数人が取り囲んで横転させ

車の上に乗って飛び跳ねる人が出ました。

軽トラの運転手は被害届を提出し

渋谷署が器物損壊容疑で捜査中

もともとは

「ケルト」の画像検索結果

秋の収穫を祝い

悪霊を追い出す厳かな宗教行事で

「マリオネット」の画像検索結果「作為体験」の画像検索結果

確かに

暴徒は悪霊を演じさせられている。

めちゃくちゃしているようで

本質は踏襲する【解離行動】の不思議

子どもが仮装して近所を回り

お菓子をもらう風習はありますが

日本では

大の大人が暴徒化

痴漢や盗撮、暴行での

逮捕者も出ています。

 

PTSD外国人も

日本に来ると幼児化する❓

「沖縄成人式」の画像検索結果

沖縄の成人式が荒れていると言っても

成人したばかりの人たちですから

渋谷のほうがヒドイ💦

画像は

「ゆうきゆう」の画像検索結果

この精神科医の先生が撮影されたそうだけど

どんなふうに分析されているのだろう❓

 

渋谷ハロウィンは発達障害流行の日本の象徴でPTSD解離暴徒化も犯罪級」への5件のフィードバック

  1. ドラゴン🐲

    ユングの翻訳と同様にハロウインも日本人フィルターを通過すると本来のハロウインとは別モノになってしまうみたいですね

    白人も参加してるけどどこの国から来たのかな?日本文化に染まってるw?業にいれば剛にしたがちゃったのかな?

    そだ trick or treatに来た子供に渡すお菓子買って来なきゃ…..車をイタヅラされる日本よりかはお菓子だけで済むからまだマシですね

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      心理学もそうでしたね。
      昔は真似してさらによいものをつくっている国という自負がありましたが、今はめちゃくちゃです。
      増長する大人たちは、ルールのなかで特別を楽しむ子どもたちを見習わねばなりません。

      返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      懐かしい社長さんのブログも、雰囲気が様変わり✨
      勉強になります。

      そういう要素が強いかもですね。
      自己表現の陰陽かなと思いました。

      もちろんハロウィンに罪はなく、仏教であろうとキリスト教であろうとケルトであろうと、既に神は八百万(単にたくさんと言う意味で数えたわけではない)もいるのだから、お祭り(PTSD予防)好きの日本国民のためにこの時期はお任せしますよということなのかもと…。
      そこを有効利用するも犯罪に走るも、そこだけは自己責任だと思います。

      いつもいろいろな気づきを与えていただき感謝感謝です(^_-)-☆

      返信
    2. ドラゴン🐲

      こんにちは😃

      そみたいですね
      日本は仮装する事がハロウィンだと解釈されててハロウィンの意味などどーでもいいみたいですものね

      イギリスもある部分はコマーシャルモードが入ってる部分があるけど、渋谷のごった返しの様な事は見かけませんーもう少しひっそりとオバケちゃん👻達がご近所をウロウロしてる程度で….
      イギリスのハロウィンやドイツのファッシングは イベントの意義がもう少し強くて、それから仮装する感覚なのかもしれないですねー因みにドイツのインターナショナルスクールではハロウィンはやらせてもらえずに英国人やアイルランド人はブーイング👎だった記憶がありますードイツ🇩🇪の仮装時期は2月のファッシングですからという校長先生の説明がメールで回って来たのを記憶してます

      ハロウィンという西洋イベントは日本人フィルターを通過するとコスプレ祭りの集団暴徒化になってしまうのかな?

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です