アル中機長の体調不良で遅延5便600人に影響の全日空とPTSD予防教育

ANAウイングス所属の

40代男性機長が

沖縄県石垣市で

24日夜に飲酒

翌25日に体調不良で

急きょ乗務を代わったことで

5便に遅れが生じ

計619人に影響しました。

 

「依存症」の画像検索結果

いろいろな依存症がありますが

業務ができなくなるのは

判断能力を

【解離】しているからで

PTSDですね。

 

パイロットは

体力があり

頭脳優秀でないと務まりませんが

「ドイツパイロッ...」の画像検索結果「ドイツパイロッ...」の画像検索結果

うつ病と診断され

飛行機を自殺の道具にする人もいます。

 

航空会社にも

PTSD予防教育が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です