うつ病(がんPTSD)から回復の南果歩さんとギリシア悲劇の象徴性

 

南果歩(54)さんが

舞台『オイディプス REXXX』の

初日を前に会見

 

16年3月に乳がん手術を受け

「去年の春にうつ病と診断されたけど

がんPTSDですね。

「PTSD予防」の画像検索結果「キュブラーロス」の画像検索結果

 

ここまで来られた」

「ギリシャ悲劇と同じく激動の1年。

人生最悪の時だった」と明かしました。

 

物語になぞらえて

PTSDを考えることが「見立て」となりますが

診断とは言わない。

PTSDに決まっているので

この作品は

フロイトのエディプスコンプレックスで

よく知られていますね。

「オイディプス王...」の画像検索結果「エディプスコン...」の画像検索結果

お話や夢は

実際のコンプレックスと比べると

「強調」され

象徴的に響いて

カタルシス効果を生む。

世間が暗黒になれば

古事記の神さまたちはどこからともなく集合し

自己治癒力の免疫チーム

どんちゃん騒ぎをしますが

笑いと気づきで癒やす。

落語と同じで

理解できないと笑えない。

「岩戸隠れ」の画像検索結果「古事記PTSD」の画像検索結果

西洋理論では

「朝は4本足

昼は2本足

夜は3本足の動物は?」なんて

「ハイハイから杖...」の画像検索結果

哲学的命題を解くことで

象徴的に捉えるのは同じでも

「頭で考える」傾向が強い。

日本人は頭で考えても治らない。

問題解決してゆきます。

 

しかし

PTSD物語ですから

続編があり

世代間負の連鎖してゆくのは共通です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です