「事始め」に「お正月準備」でPTSD予防

お歳暮をいつ送ろうと

個人の自由でしょうが

老舗デパート等で尋ねれば

早めなら今日くらいに届くようにと

勧められるでしょう。

 

老舗の商家でも

今日から

すす払いや餅つきなど

正月の準備を始め

花街では

芸舞妓が

お師匠さんやなじみのお茶屋を回って

一年のお礼と新年の変わらぬおつきあいを願います。

 

「おめでとうさんどす。来年もおたのもうします」

お正月の挨拶ですね。

なぜ

一斉にそうなるかと言えば

冬の「土用」にあたるからです。

便宜的に真ん中にあるが

季節の変わり目

「陰陽五行説PTSD」の画像検索結果

 

夏はうなぎが売れますね。

 

昔の人がこだわったというだけの話ですが

無意識に残っているので

PTSDの治療には

外せないというだけのこと

呉服屋と写真館の商魂が参入

目に余るので

最近は学校が

「袴禁止令」を出したりするそうです。

 

もともとは

凛々しくていいものですが…

「袴ノーベル賞」の画像検索結果「袴ノーベル賞」の画像検索結果

正装したのは2人だけだそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です